協会誌「プランツ&ガーデン」

 最新号の特集は、『生垣の作り方』。植木の専門家・川原田先生が、トキワマンサクやギンバイカ、ボケなど、花や葉を楽しめる有用樹種を紹介。生垣の作り方のコツも紹介します。

 連載『庭木管理のコツ』では、庭師としても活躍される園芸研究家・田中哲先生が、日本の庭木を代表するクロマツ、アカマツの「みどり摘み」「もみあげ」の管理方法を紹介します。枝透かしなどの手入れも学べる必見の内容です。

 今号の『季節の寄せ植え』では、寄せ植えの専門家・土谷ますみ先生が、秋を想わせる爽やかな『ユウギリソウの寄せ植え』、赤い星を散りばめたような『ケイトウの寄せ植え』など、秋にぴったりの寄せ植えレシピを紹介します。

 連載『庭で役立つロープワーク』では、今回は菜園の支柱の結び(三本支柱と合掌式支柱)についてご紹介します。庭やベランダで活用できる結びですので、ぜひ試してみてください。

 連載『日本庭園を楽しむ』では、沖縄の「斎場御獄(せいふぁーうたき)」と「識名園」を紹介します。「御嶽」に見る庭の在り方と、琉球王家時代に造られた貴重な庭園「識名園」について学ぶことができます。

 連載『果樹を楽しむ』では、「モモ」を紹介します。この記事を参考に、一本植えで気品のある白いジャンボ果実が成る‘白秋’などを育ててみましょう。樹上で完熟した、とろけるような果実は絶品です。

 その他、会員・受講生の皆さんの質問にお答えする「園芸なんでも相談室」、ホトトギスの見どころを紹介する「トキメキの山野草との出会い」、毎号人気の「花と緑の勉強室」「花文化に学ぶ」「サインを見逃すな!病害虫防除法」など、面白くためになる記事が満載です。ぜひご覧ください。
※会員様向けにバックナンバーを頒布しています(1冊800円/税抜)。詳しくはお問い合わせください。

 いかがですか。お庭づくりの知識や、植物の手入れの記事などが定期的に読める「プランツ&ガーデン」。日本園芸協会にご入会いただいた方には年4回お届けします。書店では買えません。あなた様のご入会をお待ちしております。